貴金属はいきなり買取してもらうのはではなく複数の業者を見積比較

貴金属はいきなり買取してもらうのはではなく複数の業者を見積比較

貴金属買取で高く売るための大切なコツは売り時を知ること

計算をするビジネスパーソン

貴金属の買取を利用する場合、売り時があるということはご存知でしょうか。高く売れそうな専門業者を選んだり、業者間で査定比較を行うことも大切ですが、高く売れる時を見計らって買取に出すことも、高価買取の大切なコツと言えます。では売り時とは、どんなタイミングでどうやって知ることができるのでしょうか。貴金属買取を利用する前にぜひ知っておきたい豆知識として、押さえておきましょう。
貴金属買取における売り時とは、その金属の市場価格が高い推移が続いているタイミングのことです。金やプラチナなどの貴金属品には市場価格があり、その価格は日々変動しているということをまずは知っておきましょう。そして貴金属の買取市場においても相場があり、こちらも日々変動しています。市場価格はグラム当たりの価格で公表されており、買取の市場価格はそれより低い価格になりますが、その変動状態はおおむね比例して上下しています。
例えば金価格の市場相場が高い時は、買取相場も高く推移するため、買取に出すことで高く売れるということになります。この貴金属相場について、その日の価格や水位のグラフはネットの情報でも確かめられますから、自分で売り時を見計らうことが可能です。相場の上下で買取額に大きく差が出ますので、売り時を狙うことが大切です。

貴金属の買取業者はどのように選ぶのか

貴金属の買取を考えている人は、できるだけ高く買い取ってもらうことができると嬉しいものです。では貴金属の買取業者はどのようにして選べば良いのでしょうか。
まず1つ目の基準となるのが、専門業者に買取を依頼することです。貴金属は、日によって相場が変動します。一般的な買取業者だと、この辺の相場をしっかりと見て値段を決めていないところもあります。一方で専門業者であれば、その日の相場をしっかりとチェックして値段を決めています。そのため買取金額が、信用できる金額になるので安心です。
2つ目のポイントは、いくつかの業者を比較すると言うことです。貴金属の買取金額は、業者によって異なります。買い取ってもらう金属の量が多くなればなるほど、金額の差が大きくなる傾向があります。このため1つの業者を見つけて、そこでいきなり売ってしまうのはリスクがあります。まず1つ目は業者に行って見積もり金額を出してもらいます。そして同じように他の業者に行って見積もり金額を出してもらうのが良いです。できるだけ複数の業者に見積もりを取ってもらうことによって、大切な貴金属を高値で買い取ってもらう業者を見つけることができます。比較していくことが重要なポイントです。

貴金属の買取を依頼する際は箱や付属品も忘れずに

指輪やネックレス、イヤリング、ブレスレットなど貴金属が使われているジュエリーを専門業者に売る際には、購入した時の箱や保証書などの付属品も一緒に出すと高く買取してもらいやすくなります。貴金属の場合には金属そのものの価値で値段が決まることが多いですが、箱や付属品も全て揃っているとジュエリーとして扱われます。人気の高いブランドだったり、デザイン性が優れていたりするとその分価値が上がります。買取価格にも影響するので、貴金属は箱や付属品を必ずセットにして査定してもらうのがおすすめです。保証書はメーカーや販売した店舗が品質を保証するために発行するもので、高価な貴金属のジュエリーには大抵ついています。
箱や保証書などの付属品を失くしてしまったと思っても、自宅の中をくまなく探せば見つかることも多いです。指輪やネックレスなど高価なものであれば、箱や保証書を簡単に捨ててしまうことは考えにくいでしょう。大事に保管しておくつもりでどこにしまったか忘れてしまうことはありますが、処分しているとは考えられないので探してみたら意外なところから発見されることもあります。手持ちの貴金属を高く買取してもらうためにも、箱や付属品を探してみるようにしましょう。

TOP